« 性分化障害および性発達障害の子どもの全国治療施設リスト | トップページ | Amazon.アソシエイト pesfisの本棚の案内 »

2009年2月17日 (火)

性分化障害の子どものマネージメントガイドライン

性分化障害の子どものマネージメントガイドライン
Pacific Center Sex And Society
Dr.ミルトン・ダイアモンド『ハワイ大学・性と社会太平洋センター』
(翻訳)針間克己
助産婦雑誌(医学書院)
VoL.54 No.2 20001年2月より転載
(文責)橋本秀雄

男でも女でもない性・完全版―インターセックス(半陰陽)を生きる 男でも女でもない性・完全版―インターセックス(半陰陽)を生きる

著者:橋本 秀雄
販売元:青弓社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


このブログの文章を無断転載を禁止する

---------------------------------------------------------------

性分化障害の子の
マネージメントガイドライン(抜粋)
ガイドライン はじめに

---------------------------------------------------------------
 
 以下私たちは、勧告を提案する。

 しかし、まず私たちは、次の注意を述べたい。これらの勧告は、私たちの経験、信頼できる仲間の情報、さまざま原因によるインターセックス者たちの意見、私たちの最善をつくした文献研究に基づいていること。

 これら提案のいくつかは、現在行なわれている一般的な治療方法とは反対であること。しかし、私たちは、それら治療方法は修正されるべきだと考えている。私たちのつくったガイドラインは軽々しくは提唱できないことも知っている。        
 時間の経過と経験により、内容が変更される必要が生じ、改訂ガイドラインがよくなること期待している。

 私たちの根底にあるものは、患者自身が人生上の重要な事柄のいかなる決定にも関与しなけらばいけないという重大な信念であるが、全ての人々が、この機会やこれらの提案を歓迎するわけではないことを、私たちは承知している。

---------------------------------------------------------------
ガイドライン
---------------------------------------------------------------
 
まず私たちは、より一般的に使用されている『正常』という用語のかわりに、『典型的』『一般的』『通常』などの用語を使用することを主張したい。
 
 可能であるならば『病的発達』『未発達』『発達の誤り』『欠陥のある性器』『異常』『自然の失敗』といった表現も避けるべきだと考えている。 
これらの身体的状態は全て、統計的にはまれであっても、生物学的には理解しうることを強調すべきである。

---------------------------------------------------------------

 このことは、医療者が親と子に話すとき、彼らがその性器の状態を非典型的ではあるが正常であるものとして受容することを助ける。
 これら性器を持つ人は、奇形者ではなく、通常インターセックスと呼ばれる生物学的多様性のひとつなのである。
 
実際に、私たちの自然の多様性についての理解では、性の型と関連する原因については広範な現われが予想しうるのである。
私たちの主要テーマは、この身体状態に対する病気としてのレテッル張りの解消である。

--------------------------------------------------------

ミルトン・ダイヤモンドのインターセックス(半陰陽)の治療のガイドラインより 理論編 

ミルトン・ダイヤモンドのインターセックス(半陰陽)の治療のガイドラインより 実践編 

インターセックス(半陰陽)の子どもの全国治療施設リスト

インターセックス・半陰陽 の子ども達とその家族の医療対応と福祉支援  理論編

pesfis 日本半陰陽協会のホームページ

--------------------------------------------------------

小児慢性特定疾患『内分泌疾患』

『性腺または思春期発現機構の変異』疾患一覧

--------------------------------------------------------

 成長障害

下垂体機能低下症 ・シモンズ病
ゴナドトロビン欠乏(欠損)症
副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)欠乏(欠損)症
甲状腺刺激ホルモン(TSH) 欠乏(欠損)症
成長ホルモン(GH)欠乏(欠損)症
プロラクチン(PRL) 欠乏(欠損)症
成長ホルモン分泌不全性低身長症(下垂体性小人症)
下垂体性巨人症 ・末端肥大症
真性思春期早発症
中枢性思春期遅発症
低ゴナドトロビン性類宦官症
下垂体腺腫
クッシング(Cushing)病
下垂体性(真性)尿崩症
抗利尿ホルモン(ADH)
分泌異常症(SIADH)
腎性尿崩症(抗利尿ホルモン不応症)
ローレンス・ムーンビードル症候群
プラーダー・ヴィルリ(Prader-Willi)症候群
コールマン症候群
フレーリッヒ症候群(脂肪性器異栄養症)
ラロン型小人症
先天性全身性脂肪発育障害症候群(リボジストロフィー)

 甲状腺疾患

甲状腺機能亢進症(バセドウ病)
甲状腺機能低下症
甲状腺形成不全
異所性甲状腺
クレチン病
粘液水腫
先天性甲状腺ホルモン不応症
単純性甲状腺腫
甲状腺腺腫
腺腫様甲状腺腫
亜急性甲状腺炎
慢性甲状腺炎
橋本病
副甲状腺機能亢進症
副甲状腺機能低下症
テタニー
特発性副甲状腺機能低下症
副甲状腺形成不全
副甲状腺機能低下
アジソン・モニリア症候群
偽性副甲状腺機能低下症
偽性副甲状腺機能低下症
偽性特発性副甲状腺機能低下症

 副腎疾患

副腎腺腫
クッシング(Cushing)症候群
男性化副腎腫瘍
女性化副腎腫瘍
アジソン(Addison)病
副腎形成不全
先天性副腎皮質過形成
コレステロール側鎖切断酵素欠損症(先天性リポイド過形成、プラーダー症候群)
副腎性器症候群
3β水酸化ステロイド脱水素酵素欠損症(ボンジョバンニ症候群)
11β水酸化酵素欠損症
17α水酸化酵素欠損症
18水酸化ステロイド脱水素酵素欠損症
18水酸化酵素欠損症
21水酸化酵素欠損症
先天性副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)不応症
アルドステロン欠損症
高アルドステロン症
原発性アルドステロン症(コン症候群)
特発性アルドステロン症
グルココルチコイド奏功性アルドステロン症
偽性低アルドステロン症
褐色細胞腫

 
 性腺疾患

ターナー(Turner) 症候群
ヌーナン(Noonan) 症候群
クラインフェルター症候群
XX男性
XY女性
性早熟症
仮性思春期早発症
性腺性思春期遅発症
高ゴナドトロビン性類宦官症
卵巣形成不全
卵巣機能低下症
卵巣機能亢進症
高エストロゲン症
卵巣腫瘍
多嚢胞性卵巣症候群(スタイン・レーベンタール症候群)
睾丸欠損症
睾丸形成不全
睾丸機能低下症
睾丸機能亢進症
睾丸腫瘍

真性半陰陽

女性仮性半陰陽
男性仮性半陰陽
内分泌疾患
多発性内分泌腺腫症(MEA、MEN)
ウェルマー 症候群
シップル 症候群
シュミット(Schmidt)症候群
ゾリンジャー・エリソン
Zollinger-Ellison)症候群
ガストリン分泌異常
ヴァーナー・モリソンWDHA症候群
VIP分泌異常
インスリン分泌異常
特発性低血糖症
ロイシン過敏性低血糖症
グルカゴン分泌異常
セロイニン分泌異常(カルチノイド症候群)
エリスロボエチン分泌異常
トロンボポエチン欠損症
レニン分秘異常
腎血管性高血圧
バーター症候群
リッドル症候群
異所性コルチゾール産性腫瘍
異所性副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)症候群
異所性ゴナドトロビン産生腫瘍
異所性甲状腺刺激ホルモン(TSH)産生腫瘍
異所性成長ホルモン(GH)産生腫瘍
異所性プロラクチン(PRL)産生腫瘍
睾丸性女性化症
周期性ACTH症候群

『小児慢性疾患について』webより転載し加筆ました。

|

« 性分化障害および性発達障害の子どもの全国治療施設リスト | トップページ | Amazon.アソシエイト pesfisの本棚の案内 »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 性分化障害の子どものマネージメントガイドライン:

« 性分化障害および性発達障害の子どもの全国治療施設リスト | トップページ | Amazon.アソシエイト pesfisの本棚の案内 »