« 性分化障害の子どもの性判定について~症例別~ | トップページ | 精巣性女性化症の子ども治療と検査について »

2009年2月20日 (金)

性分化障害の子どもに対しての美容形成の禁止

性分化障害の子どものマネージメントガイドライン(抜粋)
Pacific Center Sex And Society
Dr.ミルトン・ダイアモンド『ハワイ大学・性と社会太平洋センター』
(翻訳)針間克己
助産婦雑誌(医学書院)
VoL.54 No.2 20001年2月より転載
(文責)橋本秀雄

男でも女でもない性・完全版―インターセックス(半陰陽)を生きる 男でも女でもない性・完全版―インターセックス(半陰陽)を生きる

著者:橋本 秀雄
販売元:青弓社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


このブログの文章を無断転載を禁止する 

---------------------------------------------------------------

性分化障害の子どもの名前について

---------------------------------------------------------------

 割り当てられた性別は、生殖機能の考慮のみによるよりも、診断上の性質に基づき決定することで、成人のセクシュアリティに関与する神経系は、思春期ないしは思春以降に最も発現するであろう遺伝的内分泌的変化に影響を受けるという認識を尊重する事になる。

 性別の判定が行なわれいる間は、病院の管理者は出生届の性別欄を記入する前に最終的な診断を待つことは可能だし、病院のスタッフはその子を『山田さんの子ども』『山田さんの赤ちゃん』と呼ぶ事ができる。

 性別の判定がなされた後には、命名と登録することになる。上記した例の場合、将来の予想が困難で、両親は名前は男女どちらでも適用する名前を考慮すべきである。

---------------------------------------------------------------

性分化障害の子どもに対しての美容形成の禁止

---------------------------------------------------------------

 美容形成上の理由だけで大きな手術を行なってはならない。

 身体的医学的健康に関わるだけの場合だけ手術すべきである。このことは、子どもの見て目が正常と望むであろう両親に対して、非常にたくさんの説明を伴う。

 子ども時代の泌尿器の外観は、他の子どもの典型的なもとは異なるが、おそらく、機能において思春期以降は重要でないことを両親に説明する必要がある。

 外科手術は、性/泌尿器機能を損なう可能性がある。への全ての手術や、いかなる性別再割り当てを含む外科手術は、思春期までまたは患者に十分なインフォームドコンセントが可能となるなる時まで一般的には待つべきである。

--------------------------------------------------------

ミルトン・ダイヤモンドのインターセックス(半陰陽)の治療のガイドラインより 理論編(全文掲載) 

ミルトン・ダイヤモンドのインターセックス(半陰陽)の治療のガイドラインより 実践編(全文掲載) 

インターセックス(半陰陽)の子どもの全国治療施設リスト

インターセックス・半陰陽 の子ども達とその家族の医療対応と福祉支援  理論編

pesfis 日本半陰陽協会のホームページ

--------------------------------------------------------

小児慢性特定疾患『内分泌疾患』

『性腺または思春期発現機構の変異』疾患一覧

--------------------------------------------------------

 成長障害

下垂体機能低下症 ・シモンズ病
ゴナドトロビン欠乏(欠損)症
副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)欠乏(欠損)症
甲状腺刺激ホルモン(TSH) 欠乏(欠損)症
成長ホルモン(GH)欠乏(欠損)症
プロラクチン(PRL) 欠乏(欠損)症
成長ホルモン分泌不全性低身長症(下垂体性小人症)
下垂体性巨人症 ・末端肥大症
真性思春期早発症
中枢性思春期遅発症
低ゴナドトロビン性類宦官症
下垂体腺腫
クッシング(Cushing)病
下垂体性(真性)尿崩症
抗利尿ホルモン(ADH)
分泌異常症(SIADH)
腎性尿崩症(抗利尿ホルモン不応症)
ローレンス・ムーンビードル症候群
プラーダー・ヴィルリ(Prader-Willi)症候群
コールマン症候群
フレーリッヒ症候群(脂肪性器異栄養症)
ラロン型小人症
先天性全身性脂肪発育障害症候群(リボジストロフィー)

 甲状腺疾患

甲状腺機能亢進症(バセドウ病)
甲状腺機能低下症
甲状腺形成不全
異所性甲状腺
クレチン病
粘液水腫
先天性甲状腺ホルモン不応症
単純性甲状腺腫
甲状腺腺腫
腺腫様甲状腺腫
亜急性甲状腺炎
慢性甲状腺炎
橋本病
副甲状腺機能亢進症
副甲状腺機能低下症
テタニー
特発性副甲状腺機能低下症
副甲状腺形成不全
副甲状腺機能低下
アジソン・モニリア症候群
偽性副甲状腺機能低下症
偽性副甲状腺機能低下症
偽性特発性副甲状腺機能低下症

 副腎疾患

副腎腺腫
クッシング(Cushing)症候群
男性化副腎腫瘍
女性化副腎腫瘍
アジソン(Addison)病
副腎形成不全
先天性副腎皮質過形成
コレステロール側鎖切断酵素欠損症(先天性リポイド過形成、プラーダー症候群)
副腎性器症候群
3β水酸化ステロイド脱水素酵素欠損症(ボンジョバンニ症候群)
11β水酸化酵素欠損症
17α水酸化酵素欠損症
18水酸化ステロイド脱水素酵素欠損症
18水酸化酵素欠損症
21水酸化酵素欠損症
先天性副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)不応症
アルドステロン欠損症
高アルドステロン症
原発性アルドステロン症(コン症候群)
特発性アルドステロン症
グルココルチコイド奏功性アルドステロン症
偽性低アルドステロン症
褐色細胞腫

 
 性腺疾患

ターナー(Turner) 症候群
ヌーナン(Noonan) 症候群
クラインフェルター症候群
XX男性
XY女性
性早熟症
仮性思春期早発症
性腺性思春期遅発症
高ゴナドトロビン性類宦官症
卵巣形成不全
卵巣機能低下症
卵巣機能亢進症
高エストロゲン症
卵巣腫瘍
多嚢胞性卵巣症候群(スタイン・レーベンタール症候群)
睾丸欠損症
睾丸形成不全
睾丸機能低下症
睾丸機能亢進症
睾丸腫瘍

真性半陰陽

女性仮性半陰陽
男性仮性半陰陽
内分泌疾患
多発性内分泌腺腫症(MEA、MEN)
ウェルマー 症候群
シップル 症候群
シュミット(Schmidt)症候群
ゾリンジャー・エリソン
Zollinger-Ellison)症候群
ガストリン分泌異常
ヴァーナー・モリソンWDHA症候群
VIP分泌異常
インスリン分泌異常
特発性低血糖症
ロイシン過敏性低血糖症
グルカゴン分泌異常
セロイニン分泌異常(カルチノイド症候群)
エリスロボエチン分泌異常
トロンボポエチン欠損症
レニン分秘異常
腎血管性高血圧
バーター症候群
リッドル症候群
異所性コルチゾール産性腫瘍
異所性副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)症候群
異所性ゴナドトロビン産生腫瘍
異所性甲状腺刺激ホルモン(TSH)産生腫瘍
異所性成長ホルモン(GH)産生腫瘍
異所性プロラクチン(PRL)産生腫瘍
睾丸性女性化症
周期性ACTH症候群

『小児慢性疾患について』webより転載し加筆ました。

|

« 性分化障害の子どもの性判定について~症例別~ | トップページ | 精巣性女性化症の子ども治療と検査について »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 性分化障害の子どもに対しての美容形成の禁止:

« 性分化障害の子どもの性判定について~症例別~ | トップページ | 精巣性女性化症の子ども治療と検査について »